室内

マンション売却を決めたら即行動|迷わず業者に相談

住宅ローンが滞ったら

男性と女性

競売になる可能性も

福岡に住んでいる友人は一戸建てを建てるのに銀行から融資を受けて長期ローンを契約しました。その時に土地と新居を担保にしたのです。しかしある事情からローンの返済ができなくなってしまいました。銀行から督促状が届くようになり困ってしまったのです。このままでは銀行に担保の不動産を取り上げられてしまいます。そのような事態を避けるために任意売却をすることにしました。任意売却とは債権者である銀行の了解を得て不動産を売却し、それをローンの返済に充てるという方法です。しかし銀行は売却相手がいなければ任意売却に応じないという方針を伝えてきました。その時に友人が相談したのが任意売却を専門にしている福岡の不動産会社でした。この会社が不動産を一旦購入することで任意売却が許可されたのです。任意売却ができなければ不動産は福岡の裁判所によって競売にかけられることになります。競売になれば落札価格が土地の評価額よりかなり低いものになってしまいます。不動産会社は市場価格に近い金額で土地を買い取ってくれました。また銀行との面倒な交渉や書類上の手続きなども全てサポートしてくれたのです。福岡の友人はせっかく購入した一戸建てを失いましたが競売という最悪な事態を避けることができました。また不動産会社のサービスで次の引越し先が見つかるまで今の住居に住むことができるようになったのです。住宅ローンが払えなくなったら競売になる前に早めに不動産会社に相談することが大切です。